個人再生中で普通の生活が続いていますが…。

個人再生の手続きは一旦終わるとそれまでの不安の多くがなくなり平穏な気分になります。しかし、余裕がでたからといって油断は禁物。

継続した支払い義務は絶対に忘れてはいけない。
お世話になった弁護士さんとも、返済計画開始後はまったく連絡を取り合うこともなくなり書類集めや家計の報告などわずらわしい行動もなくなりました。

しかし、これも経験を大事にするべきことだが
せっかく家計収支表を作ったり事業実績報告を定期的に行っていたのだから
こういった有効な行動は提出の有無にかかわらず継続していくべきだと思うので
なんとか時間があるときに処理しています。

再生計画をきっちりと達成するためには、こういった基本的な経済活動の記録なんかを
大事にすることも精神的に重要なポイントかもしれません。
いつ何時、病気や予期せぬ不遇に見舞われるかもしれません。
であれば、再生計画における返済期間中の行動も自然と慎んだ行動になるように
生活や考え方を調整する必要があるはずだと自分に言い聞かせます。

まだまだ、あと2年7ヶ月
返済は続きます。
絶対に再生計画は実行しなければいけない。
次は4月に3か月分の支払いだ。
また16万円弱を各社に振り分けて振り込む。
今回はしっかりと返済金を溜め込んでいるので焦ることは一切ない。
再生中に浮かれた行動をとらないよう言い聞かせる今日この頃です。

タイトルとURLをコピーしました