個人再生の費用を捻出した1年前を思い出す

個人再生手続きを申し立ててから1年以上が経過した。
再生計画通りの返済が始まった。

私の場合、5万6000円程度の返済が月々の計画だが振り込み手数料などの負担が少なくなるように3ヵ月ごとに振り込む段取りとなっています。

3ヶ月に1回とはいえ合計で17万円程度を10数社へ振り分けて振り込むのは結構大変な作業

しかし、この再生計画を完全に遂行することが義務であり、計画通り返済できなければ自動的に自己破産へ手続き変更となりうる。

頑張るしかない。

そういえば、人間って喉下過ぎれば…
などというが、しばらく借金返済の無い期間が続いたため、久しぶりの返済というものは若干苦しく感じてしまうような錯覚にとらわれる。
1年前、債務整理を考えて色々調べていたとき、どうしても50万円前後の個人再生費用を捻出することができない状態が続いた。

東京の無料相談や地域の法律相談を探しても結局のところ個人再生手続きはなんらかの弁護士や司法書士さんの専門家に頼る費用が必要であると痛感するばかり。
分割払いも可能だが、できれば借金の悩みを持ちながら、再生手続きまでうまくいくかどうか不安になる悩みは同時に持ちたくない。

これが普通の心情ではないかと思ったものだ。
たまたま交通事故による示談金が入金されたことと車の売却費用が振り込まれたことで弁護士費用の48万円と数回の相談料を支払える状態になった。
実際、インターネットの無料相談をいくつか受けていたので相談後の手続きはスムーズだった。

思い返せば、本当にしんどいのは書類がまとまって、裁判所に提出してからの待ち時間なのかもしれない。個人事業主は確実に安定した収入を報告できなければ再生計画案を決定してもらえないこともある。

サラリーマンなら不定期に弁護士や裁判所から呼び出される可能性もあり、会社にいながら手続きの進行中は気が気でない状態かもしれない。
個人によって内容が違うので一概に同様な環境とはならないと思うが、やはり手続き中は心理面で不安定になることも多いと思います。
数件の法律事務所への相談費用は無料を使うなどしてうまく準備していきたいところです。

タイトルとURLをコピーしました