iphoneや携帯は自己破産者やブラックでも契約審査通る

 自己破産や債務整理、個人再生など金融会社でのブラック情報がある場合
クレジットカードを作ることができません。
ここが問題です。
ブラック情報(金融会社)がある人の場合
携帯電話の契約加入の際
特に審査の厳しいソフトバンクのiphoneだと
新規で端末代金を分割で払い銀行引き落とし
という契約が難しい。
ただしVISAデビットを持っていれば話は別です。
イーバンク銀行とスルガ銀行のVISAデビットカードがあれば
個人再生、自己破産、または任意整理、過払い請求でブラック情報になっていてもiphoneの新規契約は出来たという事例があります。
自分の場合端末代金は一括で支払って
月々の利用料金はイーバンクマネーカードのVISAデビットで支払うという契約に落ち着きました。
この契約時も一括で支払うといっているにもかかわらずソフトバンク店員からは審査が難しいようでクレジット払いで端末も分割じゃないとムリだといわれたりしました。
結果4時間くらいかかってなんとか契約。
ちなみにソフトバンクの安いケータイからの機種変更でしたがそうとう苦労した。
どちらかというと金融会社でブラックというのは携帯販売会社には見えない情報なので携帯の利用歴のほうに問題があれば契約不能なイメージだった。
自分の場合携帯料金は支払いも遅れたことはないのでiphoneを新規で契約できただけかもしれない。
しかし、このイーバンク銀行のマネーカードも2010年3月末日で携帯電話料金の支払い対応を停止することになった。
こうなると自己破産やブラックでクレジット機能を持つことが出来た人にとっては大問題。
ドコモ、au、ソフトバンク全てのキャリアで支払い不能状態になる人が出てくる。
ここで支払い遅れたら元も子もない。
だって携帯利用料金の延滞が一番命取りになるから。
とりあえず自分は銀行引き落としに支払い方法を変更してもらえるよう交渉する予定。
結局のところiphoneとか高級端末を持つにはクレジットの信用が重大な時代になっているということですね。

タイトルとURLをコピーしました