弁護士は実は民事再生の手続きを好まない

個人民事再生の各種手続き経験談を連載方式で掲載しておりますが、弁護士さんたちの言葉を色々噛み砕いて聴いてみるとこんなことがわかります。

はっきりいって民事再生の手続きは大変です。弁護士さんもこの作業は一般事件を扱うよりも薄利で時間対費用が悪く感じる方が多いようです。

だいたいの費用相場は40万円台後半から60万円台で民事再生手続きの代理人契約およびその他手続きを代行してくれる弁護士さん。
一般的に個人事業だとか自営で商売されている方からするとこの一連の手続きの面倒さと書類作成の大変さを知ると弁護士がいかに大変な負担を請け負ってくれるかということもわかるかもしれません。

弁護士と依頼者は信頼関係のもと代理人契約を行うわけですから、すべて弁護士事務所任せでは担当弁護士や事務員からの信用がなくなり、最悪辞任されることもありえます。それくらい民事再生手続きの準備は大変なものです。

自己破産や過払い返還請求の手続きは反して簡単な場合が多いようです。
自宅を所有していたり、自己破産できない理由の元に個人民事再生を検討されている方は弁護士選びが最初の難関になります。

インターネットではいろんな広告を見かけますが実際に弁護士事務所へ電話で問い合わせて個人再生を依頼したい旨を伝えると、「現在は受付できません」といわれることもあります。

しかし、安易に自己破産を薦める弁護士や司法書士に当たってしまうと、その後の人生にも大きく響くことになるので相談料はかかるものの数件の弁護士事務所へ問い合わしてみるのもよい方法かもしれません。

他人に相談できないのは借金自体の悩みだけではなく、その後のさまざまな手続きについても不安でしかたないものです。
このブログをご覧いただいている方はぜひとも良い弁護士あるいは司法書士さんを見つけていただけるようお気遣いいたします。

タイトルとURLをコピーしました