【ブラック審査】過去に楽天カードを債務整理の債権者一覧に入れてると審査が永遠に通らない | 個人再生とその後の人生ブログ

【ブラック審査】過去に楽天カードを債務整理の債権者一覧に入れてると審査が永遠に通らない

過去に楽天カードを債務整理の債権者一覧に含めて整理しています。

そんな私が

小規模個人再生から12年

他社クレジットカードを作れたので

そろそろ楽天カードもいけるかな?

と申し込みまししたが瞬殺で審査否決でした。

スポンサーリンク

楽天カードの審査 ブラック事故有の場合

楽天カードを使用しているときに債務整理、自己破産などによって支払いが停止した場合、

以降、永久にカードの審査は通りません。

過去に楽天カードで事故

私の場合、民事再生で整理した債権者に楽天カード

当時の社名で楽天カード(楽天KC 国内信販)という名称でした。

 

70万円の債務がありながら債務整理でご迷惑をおかけしていたため

楽天カード社には利用履歴が残っています。

 

あれから12年経過、、

 

債務整理終了後10年経過して審査に申し込みましたが

おおよその予想通り、審査は通りませんでした。

審査否決の通知がこれ

債務整理から10年経過して申し込み

その結果 否決

 

さらに1年後の申込みでも否決

他社カード使ってる状況

債務整理後、すべての債務はブラックリストとなり、

事故情報は11年ほど残りました。

事故情報が消え、スーパーホワイトになってからエポスカードとYahooカードの審査に通過。

そこから約1年経過

 

仕事での決済や光熱費など可能な限りカード決済にしています。

エポスカードも安定して使えてるし

(毎月決済20万円~30万円)

Yahooカードも安定して使ってます。

(毎月決済5万円~10万円)

 

そろそろ楽天カードもいけるかな?

と申し込みまししたが瞬殺で審査否決でした。

 

以上の通り、

過去に債務整理後しており

整理対象の債権者に楽天カードが含まれている場合

以降の人生で

永遠にカード発行はできない。

 

楽天ポイントアッププログラムに参加したくても

一部のプログラム(カード関連)には参加できない

 

ということになります。

 

とても残念ですが、これが現実です。

 

ブラックな過去情報がある方へ

過去に自己破産、個人再生などブラックな情報があり

7年以上経過してブラックが消え、いわゆるスーパーホワイト状態担ってる方なら

債権者一覧に入っていないカード会社へ審査を申し込まない限り審査は通りません。

 

上記の楽天カード同様、過去に整理した債権者をよく思い返してから新たなカード審査へ申し込むようにしましょう。

 

ブラック状態ではどこも審査に通りませんが、

スーパーホワイト状態というやや審査に通りにくい状態でもこちらのカード審査なら通る可能性は大きい用に感じます。

債務整理から11年経過してエポスカードの審査に通った話

タイトルとURLをコピーしました