ブラックリストのクレジットカード審査は通らない債務整理や自己破産が過去にある人

債務整理をするとクレジットカードの審査はどうなりますか?

債務整理クレジットカードの審査

任意整理はお金を借りている方が貸金業者と交渉をして債務額全体を減らす行為です。これにより月々の返済額を減少させて借金返済までの時間を短縮できるのが強みと言えます。かなり便利な債務整理ですが、クレジットカード審査への影響はあるのでしょうか。基本的に債務整理後は5年間クレジットカードの利用や作成が難しくなるのが特徴です。

例えばすぐに使えるお金がないため、公共料金をカードで支払いたいという方は厳しくなるのがネックです。債務整理後は基本クレジットカードそのものを作る事ができません。

個人信用情報の傷

個人情報に傷が入ってしまうので信用力を失ってしまうのが理由です。これは金融事故を起こしてしまった人物として記録が残ってしまいます。クレジットカード会社はカード会社内のデータベースを使い審査を行っています。

このデータベースを使い金融事故を起こした人物か簡単に判断ができるのが特徴です。かなり厳しい審査ですが、中にはカード発行が可能だった事例もあります。これはどういうことなのかというと、情報が抹消されて記録が白くなった状態の方が対象となっています。債務整理などの金融事故を起こしてしまっても特定の期間が過ぎれば記録は抹消されるのがメリットです。

一定期間を過ぎてから申し込む

時期を過ぎれば再びクレジットカード発行をしてもらえるので待ちましょう。期間経過後はいちよう個人信用情報機関に開示請求を行い自分の信用情報を確認します。記録が残っている場合は証明できる書類を用意して、事項などの援用書を発送します。そうすれば金融事故者の記録削除依頼ができるので安心です。
自己記録の抹消はクレジットカード発行への最低条件ですが、他にも信用実績を作るということも肝心と言えます。これは他者との取引履歴を作るのがおすすめです。きちんと借金を返済したという取引履歴を残しておけば信用度も高まります。また携帯電話の機種変更における機種代金の分割支払い全額返済なども、信用度に繋がります。

債務整理した人のクレジットカード審査は本当に通らないのでしょうか

債務整理した人のクレジットカード審査のウソ・ホント

住宅ローンや車のローンなどでの返済ができなくなり、債務整理をした人はクレジットカード審査では不利になると言われています。それは、債務整理をしたという事実が個人信用情報に記録されるので、カードの返済も滞るのではないかと判断されてしまうからです。

ならば、債務整理をしたという記録は永久に消えることはないのかというと、一定期間が経てば消えるので心配はありません。ただ、その期間というのが、債務整理が決まり完済した時点を起点として最低でも5年間となります。

個人信用情報を扱う個人信用情報機関は3つあり、記録の取扱にもいくらかの違いがあるのですが、自己破産や個人再生ということをエンタクしたとき官報にそのことが掲載されてしまうと10年間は記録が残る機関もあります。そうなると10年はあらたにクレジットカードを作るのが難しくなるので、債務整理をするときにはその点もよく考えておくべきです。

もしも、5年から10年が経過してもなお、記録が残っているときには債務整理が完済してから一定期間が経過していることを伝えることで削除してもらうことが出来ます。

ブラック情報と審査

なお、この記録が壁となってカード審査に通らないというときには、文句をつけて無理に通ることは出来ません。逆にクレームを付けたという事実がマイナスの要因となってしまいます。それからいろんなカード会社に申し込むのも良いことではありません。審査の過程で、そのことがわかってしまいますから、よほどお金に困っているという印象を与えて審査に通りにくくなってしまいます。

債務整理をして個人信用情報に記録が残っている状態だと、絶対にカード審査に通らないのかというと必ずしもそうではありません。カード会社によってカード審査の難易度が違いますし、利用できる限度額を低くしておくなど独自の基準を満たせば作れることもあります。消費者金融系のカードやショッピング系のカードは比較的作りやすいといわれており、銀行系はかなり厳しいので事前にカード審査の難易度を調べておくと良いです。

 

タイトルとURLをコピーしました